カテゴリ:FIO'S LIFE( 46 )
家の中のあれこれ
e0114966_12431111.jpg

早いもんでFIOは来月で4歳になります。いつまでたってもお子ちゃまだと思っていましたが少しづつは日々の暮らしのルールを理解し、家庭犬ぽくなってきました。犬は多かれ少なかれ人の行動を見ていて、先読みをするもんですがさすがにボーダーコリーは特に先読みで良い事も悪い事も(人間に取ってですが)色々とやってくれます。

日本人の子供は特別練習した訳でもないのに、玄関出は靴を脱いであがる。いつの間にか当たり前のようにそのようにします。犬もこれと同じように各家庭で、その家ならではのルールを自然と学び、日々繰り返す事によって当たり前のようにその事を受け止め実行してくれるようになります。FIOはその理解も納得も早いように思います。

何かする事に先住犬であるJOJO優先。これは「順番」と言う言葉で覚え、我先に居間から玄関へ行こうとしても「順番」と言われるとJOJOに先を譲事が出来るようになりました。散歩が2匹別々の我が家、先に家を出るのがJOJOですが、散歩の用意をすると自らクレートに入ってお留守番の体勢にはいります。自分で納得して行動しているので吠える事もありません。人間の食事だと感じると、これも自分からクレートに入って待機の体勢にはいります。が.......ここからが本当に良く人間を観察して知っているなぁと思う所。私一人での食事ではクレートのドアを開けたままでも待っている事ができますが、お母さんがイスにすわるとこっそり出て来てお母さんの傍らでクレクレビーム炸裂となります(笑)これはたぶんJOJOがそうするのを見て学習したのだと思います(笑) 家庭内でのルールは統一しないと犬が迷うと言われますが、犬達はその上を行っているのではないか?と思われます。人間取って不都合な理解は、トイレでオシッコをすると片付けに来てくれる事を知っています。かまって欲しい時、遊んで欲しいとアピールしても無視されると、すかさずトイレに駆け込むのはどうかと思います(汗) そう言えば、普段のトイレではトイレの上で一周くると回って私をじっと見つめてトイレをしません。コレはどうやら許可を求めているようです。いいよ!!あるいはOK!!と言うと、クルクルまわって要を足します。 外でトイレする時に他所様の玄関先などでは、ココはダメだからもう少し先でしよう!!と言われる為に家の中でも許可を求めるのかもしれません。そう思うとめちゃ律儀です(笑)等々言い出すと人間が普段取っている行動や、言動を知っていて勝手に覚えた事は沢山あります(^^;  
あっ、コレは面白い理解を最後に。私が寝る前に歯を磨きだすと.....ソファーで寝ていてもすーっと音も起てずにクレートに消えてゆく姿がおかしくてたまりません。歯を磨く=寝る=クレートだそうです(笑)そのくせ部屋の電気を消すと、やっぱりまだ寝たくないとトイレに駆け込んで気を引くヤツ。毎晩の行動パターンです(^^;どう行動を起こせば褒めてもらえるのか?あるいは自分に取って得なのかを大変よくご存知です。最近のFIOを見ていて感じた事でした。
[PR]
by jojos-blog | 2015-04-30 12:45 | FIO'S LIFE
3歳になりました。
もう1週間も過ぎてしまいましたがFIO、無事3歳の誕生日を迎える事が出来ました。本当、無事って言葉がぴったりな誕生日(笑)これからも1日、1日を大切に積み重ねながら頑張ります!!
e0114966_12051230.jpg
もう少し早くblogもアップしたかったのですが、誕生日が過ぎたとたんに体調不良(ーー;。ようやく落ち着いて来たのでUPで来ました。3歳を迎える少し前から何となく今までと少し違う症状や変化もちらほら、これも節目なんでしょうかね? なんとかこれからも笑顔で過ごせるように!!
e0114966_12060288.jpg
誕生日恒例、母からのプレゼント犬型ホットケーキ。今年はFIOが寝転んでる所をイメージしたものらしい^^ そんなんどうでも良いから早く食べたくてウズウズです。
[PR]
by jojos-blog | 2014-05-28 12:09 | FIO'S LIFE
雑誌Wanの原文
昨年の12月、JBCHNのIさんから一通のメールが届きました。「犬の雑誌「Wan」3月号でボーダーコリーの特集をするにあたり遺伝性疾患についてJBCHNに取材依頼がきています。実際に遺伝病の犬の飼主さんのお話も記事にしたいそうです。お願いできますでしょうか?」と言った内容でした。
今まで避けて通って来た事なので多いに悩み、迷いました。FIOの病気を公にする事でご迷惑をかけてしまう方がいるのではないか?また、ややこしい問題が起こるのではないか? しかし、最近のTNSのキャリアの状況をお聞きすると減るどころかますます増える傾向にあり、そしてTNSと言う病気をボーダーコリーを飼っていらっしゃる方でさえ知られていない事に、このままでいいの?と不安を感じずには居られませんでした。2012年に鹿児島大学で取られた統計では11.1%もの犬がキャリアだと言う数字が出ています。またJBCHNを通じて検査された犬では27%と驚く数字です。病気の怖さと、その実態を知って頂く事でFIOのように苦しむ子が一匹でも減るのなら役にたちたい!!と思うようになり取材に協力する事にしました。

しかしWanの紙面には制約があり、私が伝えたかった内容を全て反映されるのは難しかったようです。何度も、何度も編集者さんと打ち合わせをしてようやく出来上がった紙面。まずは知って頂くと言う目的は果たせたと思いますが原文からかなり削除された内容もあり、私自身のblogで原文を公開したいと思います。
e0114966_20273821.jpg
Wanを読んで「FIO」「TNS」「ボーダーコリー」等で検索されてこのblogに辿りつかれた方もいらっしゃると思います。始めは興味本位でもかまいません。でもその実態を知って頂ければ嬉しいです。また、どの犬舎から病気が出た?とか血縁犬は誰?等の興味から検索された方へのお願いです。すでに病気の怖さをご存知の繁殖者さんはきっと改善策を立てたれ、このような事が無いよう万全を期していらっしゃるはずです。それよりも問題意識をもたず繁殖されているパピーミル的繁殖所の方が100倍も1000倍も危険だと思います。10頭のボーダーコリーが居れば必ずその中にキャリアが居ます(統計的数字ですが)どこの犬舎からキャリアが出てもおかしくない状態であり血縁犬以外のキャリアの方が圧倒的に多いと言う事を知ってください。どうかよろしくお願いします。


e0114966_20204386.jpg

TNS闘病レポート
TNSは常染色体劣性の遺伝性疾患であり罹患した犬の治療法はなく、必ず死に至る遺伝性疾患です。
ほとんどの発症犬は病名も判らないまま生後4ヶ月までに死亡するか、安楽死させられています。
多くのボーダーコリーの子犬達が死んでいるのに、それがTNSと言う病気のせいなのだと認識されていないが故に、TNSと言う病気の怖さも、病名も認知されていないのが現状だと思います。FIOは運良く生き伸びました。そしてその中で得た情報や病気の実態を知って頂きたいのです。

苦しい日々

生後3ヶ月と14日 突然の発熱から病気は始まりました。高熱と跛行(歩行困難な状態)で3日間生死の境をさまよいました。抗生剤はいっさい効かず、ステロイド投与でようやく熱が下がりはじめ一命を取りとめました。血液検査ではCRP(炎症反応の値)が測定可能な20を振り切っているにもかかわらず、他には特に異常がなく獣医さんも首を傾げるばかりでした。髄液を採取する話やMRIを撮る手配もされましたが、小さな身体ではこれらの検査に耐えきれないだろうと判断して様子見となりました。その後も発熱を繰りかえし、獣医さんからは“もう長く持たない、これ以上苦しむようなら安楽死を考えた方が良いかもしれない”と宣告を受けました。それでもFIOは生きようと頑張り続けました。 その後血液検査に変化が表れはじめ、白血球と好中球が増減しているのに気づいた獣医さんが“周期性好中球減少症かもしれない”と呟かれました。しかし、獣医さんからの検査機関では検査できないとの事。ネットで調べ遺伝子検査ができる機関があるのを発見し、すぐに申し込みを。その時に、TNSの遺伝子検査も始まったことを教えてもらったので、同時に検査を受けることにしました。その結果、疑われていた周期性好中球減少症ではなく、たまたま受けたTNSの検査でアフェクテッド、発症犬であることが判明しました。病名が判り、いよいよ治療が出来るのか!?と思ったのですが、治療方法は確立されておらず必ず死に至る病気である事を知り、改めてガクゼンとしました。 

気が付けば発症から2ヶ月が経ち、以前の生活から全てがFIO中心の生活へと変わっていました。ついさっきまで遊んでいたかと思うと、高熱でフラフラになっています。元気にご飯を食べたと思ったら、止めどなく続く下痢が始まります。まったく目が離せません。何かあったら朝、昼、深夜を問わず病院へ走りました。症状が酷い時には家族と交代しながら24時間世話を続けました。大変な看病になると覚悟はしていましたが、それは想像をはるかに越えた日々でした。FIOも頑張っているのだから私達が頑張らないわけにはいきません。

 精神的に一番辛かったのは、熱が下がっても、またすぐに発熱する、下痢が治っても、またすぐに始まる、といったくり返しでした。なぜならFIOに待っているのは完治ではなく死だからです。完治する希望があるからこそ、看病も頑張れるのが普通の感覚ではないでしょうか。死と向い合う不安な日々が続きました。でも、飼い主が不安になると、それが犬に伝わります。病気で辛い思いをしているのにこれ以上不安にさせたくない、と日々笑顔で接し続けました。またFIOもそれに応え続けてくれました。


希望

病気でも子犬は成長していきます。成長と共に色々な症状も増えていきました。始めは発熱と跛行だけだった症状に下痢、嘔吐、血尿に加え関節痛、骨の発育問題、原因不明の痛み等々、次々新しい病気が襲いかかってきました。獣医さんからは病気の百貨店のようだといわれ、多種多様な薬が処方されましたが、目に見えて効果の出る薬がみつかりません。2歳の誕生日は迎えられるのだろうか?と不安を感じていたある日、鹿児島大学の大和先生から一通のメールが届きました。先生は犬猫の遺伝子疾病を研究されていて、以前JBCHNへFIOの遺伝子検体を提供した事がきっ掛けでFIOに治療のサポートを申し出てくださったのです。 その後何度もメールと電話でお話させて頂き、“まだ確立された治療法ではないのですが”と前置きしながらも、今までとは違う治療や投薬をご提案くださいました。今までお世話になっている動物病院には、発症時からのカルテや検査結果を提供していただきました。そうして、TNS研究のお手伝いしながら新しい投薬がはじまったのです。 それを境にFIOの生活は一変しました。常に10以上の数値があったCRP(炎症反応の値)がゼロになりました。発熱や下痢、痛みなどFIOを苦しめた症状が嘘のように減り、笑顔が増えました。残念ながらこれも完治に向けた治療ではなく対処療法なのですが、これまでにはなかった大きな希望を抱けるようになりました。あたらしい治療を開始してから10ヶ月が過ぎ、4キロ体重が増えました。長時間の外出が可能になり、毎日当たり前のように散歩へ出かけられる日々が続いている事は、1年前のFIOからは想像も出来なかった毎日です。 この記事が発症犬の飼い主さん、そしてこういったボーダーコリーに心当たりがある医療関係者の目にとまる事を願っています。原因不明の発熱、跛行などの症状があり、CRPが異常に高く抗生剤の効果が出ないなどの犬が居たらJBCHNを通じでTNSの検査を受けて下さい。もし発症犬である事が判れば、鹿児島大学の大和先生が治療方法、投薬について相談に乗ってもらえるかもしれません。TNSは一般の獣医さんではどう対処してよいのか手探りです。適切な治療を受ける事で苦しみは半減できるかもしれません。短いとされている寿命が少しでも伸ばせるかもしれません。そしてTNSを研究されている大学の方に情報が集まれば、病気の解明に向けての研究も大きく前進する事が期待されます。また、TNSと同じ遺伝子の変異が原因となる人間の病気「コーエン症候群」の研究にも繋がります。 苦しんでいるであろう発症犬と飼い主さんに、FIOと私からのメッセージが届くことを願っています。


お願い

FIOが健康な犬として生まれて来ていたなら......と考えることがあります。でも遺伝病という大きなハンディを背負って生まれて来た現実は変えようがありません。これはブリーダーの責任なのでしょうか?いえ、それは違うと思います。 FIOの親、そしてその親……と、代々受け継がれてきたものがFIOの世代で表面化しただけのことだからです。何世代も見過ごされ、あるいは隠されていた過去の問題と考えます。 いま日本のボーダーコリーのキャリアの割合は11.1%と言う報告があり、10頭のボーダーコリーが集まれば確率的に1頭以上のキャリアがいると言うことになります。どの血族がといったはんちゅうを越えていて、どこで生まれたボーダーコリーでもキャリアでありえる可能性があります。全てのブリーダーさん、個人で交配をお考えの全ての方の問題です。このまま放置すればみるみるキャリアの比率が上がり、FIOのように苦しむ発症犬が増ます。TNSという病気に対して正しい知識を持ち、検査を受け、適切な交配を行なえば防げる病気。そうすることで無くしていける病気なのです。あなたの愛犬の子犬が、子孫たちが苦しみながら死に至る姿を見たいですか? そのような人はいないはずです。そしてFIOからみなさんにお願いがあります。TNSをはじめとする遺伝病は、キャリア同士の交配によって発症するものです。あらゆる遺伝病(劣性遺伝するものも、優性遺伝するものもすべて含め)はキャリアであろうと発症していようと感染するような病気ではないことを知ってください。また、キャリアの犬は交配さえしなければ健常犬となんら変わりはありません。どのラインに病気が出た!?と詮索される事は全く意味がないことです。先ほどもいいましたが、今の日本ではどこにでもキャリアの犬がいるような状況です。血縁だからと差別をするような問題ではなく、全てのボーダーコリーの問題なのです。犬達は差別などしません、全ては人間の問題です。どうか病気を正しく理解していただき、意味の無い差別をなくしていっていただけるようお願いいたします。FIOのように苦しむ犬をもう見たく無いと言う想いで取材に応じました。そして、今後生まれて来る全ての命が健康で夢と希望に輝ける事を願ってやみません。




[PR]
by jojos-blog | 2014-02-10 20:40 | FIO'S LIFE
近況報告
e0114966_1531657.jpg

こんにちは、お久しぶりです(^^;
最近はすっかり放置状態になってしまい申し訳ありません。な〜んて毎回書いてい
ます。 久しぶりの近況報告は、お二人さんもと変わりなく元気です^^ 
e0114966_1534218.jpg

FIOはGW以降、見違えるように発病する事が減りました。たまに熱が出たりお腹を
壊す事もありますが、以前とは比べ物にならないほどリカバーも早く、食べた物が
しっかり身となり、体重12.3キロとなりました。一杯散歩も公園も行けるので少し
だけ筋肉も付いてきたように見えます。 なにより変わったのが「笑顔」が増えた
事^^調子が良いとやっぱりいい顔になるんですよね。この暑さが少しマシになっ
たらもう少し運動量を増やさないとと思っています。
e0114966_154667.jpg

JOJOも元気です^^昼間は寝てばかり居ますが、外へ出かけると別犬か?と思う
くらいアクティブです。久しぶりに7月にアジの練習に行った時はまったくブランク
を感じさせない動きを見せてくれました。また行こうね!!と言いつつ、父が夏バテ
でなかなか動けません(^^; JOJOもうちょっと待ってくれ!!
e0114966_1542717.jpg

2匹の関係は......少しだけFIOが大人になって落ち着きつつです。
相変わらず、スイッチが入ると兄ちゃん遊ぼう!!とちょっかいを出しては兄
ちゃんに叱られてますが、今でも遊んでもらってると大きな勘違いをしている
ようです(笑)それ意外はちょっかいを出す事も減り少しは家の中が静かになり
ました。出来るなら、ちゃんと順番を守って兄ちゃんが先って事をもう少し理解
して頂きたい(^^;まぁ、多くは望むまい!! 少しづつ、少しづつお互いが
空気のような存在になってくれる事を願いっています。

そうそう、最近のFIOの逸話を一つ。「オシッコ名人」
FIOは外でも家でもトイレをする事が出来るようになったのですが、圧倒的に家
の方が多いようです。トレーの上にシートさえ引いておけば失敗する事も無く
大変助かっています。
先日ふと見ると、シートにオシッコの跡が。少し端の方が濡れずに残っていたので
オシッコを踏んだ時の足拭き様にとハサミでカット。汚れたシートをゴミ袋に入れて
と......電話が鳴ったので、手を止めて電話で話をしていると目の端にトイレでクル
クル回るFIOの姿が!! えっ、シート引いてないしと思う間もなく。さっきハサミ
で切った10 X 25センチくらいの切れ端の上に上手ししてるではありませんか!!
まるでお尻に目があるようだと日頃言われていましたが、本当のようです(笑)
大変良く出来ました^^ ただし、そんな小さな切れっ端で全部吸収できるハズも
なくトレーには大きな水溜りが出来ていましたが(笑)
[PR]
by jojos-blog | 2013-08-20 15:05 | FIO'S LIFE
お出かけ!!
e0114966_158038.jpg

ずっと前から行きたかった、みわファームさんへようやく行く事が出来ました。
FIOに一度でいいので羊を見せてあげたい!!なんて思っていましたが........
1度と言わずに何度でも行ってしまいそうな良い所でした^^

始めて羊を見たFIOは.........尻尾振ってました(笑)シープドッグとしては如何な
ものか?(^^; でも、予想では怖くて見れない、逃げ出すんじゃ?との
想像よりはるかによかったです。
お出かけ経験があまりないFIOは何処かしならい場所へ行くとしばらくは落ち着か
ないのですが、ココは始めっから知ってるよ!!と言わんばかりに落ち着いて
ニコニコ^^FIOのDNAの中に農場の匂いが組み込まれてるのでは?なんて
思う程です。
ファームに居る間はずっとフリー。犬達も落ち着いているので私もすっかりリラック
してのんびりさせて頂きました。 FIOは自由にしていてもどこかで私を意識してい
るのがとてもよく判ります。JOJOは相変わらず好奇心旺盛で取りあえず隅々まで
探検しなければ気が済まないようです。裏手にある鳥小屋がどうも気になる様で
隙をみてはそちらに消えていくので途中で少しの間紐付きとなりました(笑)
それに引き換え、まだまだお子ちゃまなFIOは、ココではまったく問題ナシ^^
いつか冊の向こうに入って羊追い体験できればいいね。
e0114966_158367.jpg

JOJOの方が羊に興味新々でした^^
e0114966_1593696.jpg

FIOはなんかヘラヘラ笑顔でうろついてます。
e0114966_15103536.jpg

そして戻って来るとこの笑顔^^
楽しかったね、また遊び行かせて頂きます。
[PR]
by jojos-blog | 2013-06-08 15:07 | FIO'S LIFE
FIOのあれこれ
子犬から大人へ。最近いろんな事を覚えたFIOです。その反面何故?って事もちらほら。ボーダーだからなのか?それともFIOだから?はちょっと判らないけど面白かったり困ったりの毎日です。

毎日、家の中でのルーテイン。
朝起きてから寝るまで何があって自分は何をすべきなのか?わ大雑把に理解しているようです。散歩は基本1頭ずつっで兄ちゃんから。幼い頃は私も!!と大騒ぎしていましたが最近は、はい♪お留守でしょと静かに待てるようになりました。ただし、帰って来てドアを開けたらピーピー鳴き出します(^^; ワンコラ言っていた頃から比べれば大きな成長です。

人間の食事中もクレートで待機してもらいます。最終的にはクレートのドアをあけたまま待てるようになって欲しいのですが......FIOだけなら待ってるかも?でも、兄ちゃんが出て来たら私も!!と飛んで来るので今の所はドアロック。以前は「ハウス」のコマンドで入れていたのですが、お母さんが「そろそろ、お願いします!!」と言うとすっとハウスに入るようになり、今はテーブルに食事の用意をしているとす~っと勝手に入るようになりつつです。 JOJOは相変わらずハウスと言われてます(笑)

ソファーへ乗るときは、飛び乗らずにゆっくりと!!これは小さい頃、高い場所への飛び乗り、飛び降りをすると骨折の恐れがあると言われ、ひつこく言った事もあったのですが兄ちゃんが寝ているソファーの隣へ、そろりと乗れるようになったのも成長だと思います。

寝る時、これは面白いのですが。おやすみ!!と電気を消すと、バタバタとクレートから出て来てトイレへ駆け込みます(笑)やっぱり寝る前にトイレ済ませておかなきゃって思っているのがおかしくてなりません。他にも色々あるんですが、へぇ~と意外な事をよく覚えているので笑えます。

その反面、何故?って事も沢山。
音に対して神経質?と言うかすごく敏感です。音響シャイでもないんですが「カチャ」とか「トン」と言う小さな物音に敏感に反応します。家族のだれかが2階でたてた微かな物音、お隣家で何か聞こえた?くらいの物音で「ワン、ワン」大興奮。これは体調もあるのですが、特に体調の悪い時は へ?って音で背中の毛を逆立てて興奮するので困ったもんです。普段は同じ物音やご近所の犬の鳴き声が聞こえただけですっとクレートへ避難するのですが。体調次第?時にはは普通の状況でも? ウ~ン、この辺がちょっと判らないと事です。

後は散歩中、体調が悪い時は手当たり次第、雑草、花、砂、石、ゴミと口に入れようとします。獣医師さんと話してしていて、胃が熱持ってると草を食べたがるとおっしゃってましたが、その範囲を大きく越えています。普段、ご機嫌で散歩してる時はクンクンだけで拾い食いもほぼ無くなったと思うのですが。そうそう、先日散歩中に父が急にお腹が痛くなって、「FIO、道草無しで帰るぞ!!」と言ったら本当にクンクン一切ナシでスタスタ横に付いて帰ってくれたのには驚きました。よほど父が怖い顔してたのか?とも思うのですが、やれば出来るじゃん!!とおおいに褒めてもらいました。 
なんだかんだと書きましたがやっぱり親ばかの戯言でした(^^;

今後のFIOちんの成長が楽しみです。
e0114966_2092095.jpg

最近、兄ちゃん子供返り中です(笑)
[PR]
by jojos-blog | 2013-03-23 20:10 | FIO'S LIFE
ぷち反抗期
またまたご無沙汰なblogです。
気が付けばも9月、ぜんぜん更新できなくてすいません。

最近のFIO、お腹の調子が良かったり悪かったり、時々熱が出たりと色々あり
ますが基本毎日散歩、出来るだけ公園と頑張って体力作りに励んでいます。
体重はあまり増えてませんが、ほんの少し筋肉が付きだしたかな? 走る姿も
少しだけボーダーコリーぽくなってきました^^
ボールレトリブも大好き!! 張り切って走っていますが最近プチ反抗期。
取りに行ったボールを向こうにおいて帰って来たり、父ちゃん追いかけてみぃと
逃げてみたり。小さな脳みそをフル回転して遊びのペースを握ろうと考えて
います^^ これが1頭目ならまんまとFIOのペースに巻き込まれいた所です。
e0114966_15565220.jpg
FIOもボーダーコリーの端くれ、良い意味でも悪い意味でも頭が良いと言うか、
物覚えや理解の早いのには驚かされます。
JOJOが1歳過ぎの時はこんなに色々な事を理解してたかな? 
でも、物覚えが良くても、頭が良くても兄ちゃんにはまだまだかないません^^
アイコンタクトとちょっとした仕草で次ぎに何が起こるか、何をすれば良いのか
兄ちゃんは理解し、サッとFIOを出し抜きます。
FIOちんまだまだ修行が足りませんなぁ(笑) それより、早く反抗期卒業して
欲しいものです。駆け引きするのはめちゃ面倒です。
e0114966_15571770.jpg
ちっこくても兄ちゃんは兄ちゃん、凄いのです。
[PR]
by jojos-blog | 2012-09-10 15:57 | FIO'S LIFE
初体験
何ヶ月ぶりだろう?FIOと病院以外へお出かけしたのは?
ヒート中ではありますが、体調も良いので無理をお願いしてオープンクラスへ
オビの勉強へ行ってきました。
神戸の専門学校のトレーニングルーム。この前来たのは12月のクリスマス会
の時以来。そして始めてのお勉強^^
日頃から真面目にオビディエンスのトレーニングをしているのなら良いのですが
散歩のついでに、ちょこっと。あまり馴れてない場所で知らない犬が一杯
そんな中で落ち着いて私を見てくれるだろうか? ちゃんと勉強が出来るか
以前の問題でドキドキ(笑)

学校へ到着!!車から降ろした瞬間、周りに沢山の犬が........FIOはキョロキョロ
としてくるりとUターン。私車に帰ります。 やっぱりね(笑)
少し落ち着かそうと散歩に行っても、帰る!!とだだをこねていましたがタイミング
よく、顔見知りジェツト君登場^^ 遊ぼう!!と誘ってもらったお陰で緊張も
とけたのか? その後は怖いと言う事もなくご機嫌でした。

始めての勉強はどうなる事やら?と心配していたのですが。以外と真面目に頑張って
くれました。ちゃんとアイコンタクトが出来ただけで父は大満足です。
ヒーリングや待てはあんなもんです(^^; 授業態度は非常に良かったのですが
ひとたびクレートに入れられると、「ココから出せ!!」の大絶叫(;;)
けしてクレートが苦手だとか嫌いではなく、外に出て遊びたい!!との要求吠え。
本当にご迷惑をおかけしました。 こんな調子で次回、勉強に来られるのだろうか?
そっちの方が心配な父です。
色々ありましたが、FIOは楽しい刺激を一杯頂いて嬉しそうでした^^
これからも体力を付けて、また遊びに来られるように頑張りましょう!!
e0114966_18204289.jpg

FIOちん、楽しかったね^^また遊びに行こう!!
[PR]
by jojos-blog | 2012-06-16 18:20 | FIO'S LIFE
2度目の
先週の火曜日の夜........床に血痕が!!
誰かが怪我してる!?と大騒動。ふむ?もしや?とFIOの陰部にテッシュを
当ててみると、やはり鮮血が!!  怪我ではなくヒートだと判り一安心。
でも、ちょと待てよ......この前、ヒートらしき物があってから2ヶ月半しか
経っていません。あまりのも早すぎないか?
体調によって2、3ヶ月で来たり1年以上来なかったりって事があるそういです。
取りあえずFIOは元気なのであまり細かい事は気にしない事に!!

な〜んて言ってたら、やはり翌日から嘔吐と発熱。今回はなかなか嘔吐が治まらず
ちょっと辛かったね。3日目には発熱も嘔吐も治まりましたが、以前と同じように
プレーパウのポーズ。また上腹部が痛いようです。
まっ、慌てても仕方がないので、のんびりヒートが終わるのを待って体調を
整えましょう。
今回は前回と違い、急に下腹部が痛くなりキャンと言う事もなく、また
発熱、嘔吐に付き物の下痢になりそうでならない(笑)なんとか持ちこたえて
くれたのも大きな進歩です。
まだ数日はどんより怠そうですが、頑張って乗り越えましょう!!
FIOちん頑張れ!!
e0114966_1616273.jpg

前回の時は、目立った出血はなかったのですが、今回はちゃんとした
出血です。ヒートがきっかけで体調不良は可哀想だったけど.........
もしかして、ホルモンバランスが変わる事で自己免疫疾病は改善させる
可能性も無い訳ではないので、静かに、期待せず、見守り続けていき
たいと思います。


追記 6月13日
ヒートが始まって1週間経ちました。出血の量はピークを過ぎたようですが、
相変わらず。パンツを履かせようか?とも思ったのですが、頻繁にオシッコを
する為、いちいち脱がすの面倒とそのまま(^^; 取りあえず汚れそうな物
は撤去。ソファーやクレートは汚してもすぐに取り替え垂れるように犬用の
パスタオルにマットを引いて対応。 後は拭き掃除あるのみ(汗)
JOJOはまったく反応無しで助かりました。 でも、散歩で出会う雄犬君達は
目の色が変わってます(笑)

体調のの方もまずまず。当初食欲もなくぐったりでしたが、最近は食欲も戻り
つつです。外に出るのも嫌!!と玄関へも来なかったのですが、ようやく散歩に
行く気になって来た様です。 だらだらですが外に出て気分転換できたのが
良かったかな^^ 後何日だろう?頑張って乗り越えましょう!!
[PR]
by jojos-blog | 2012-06-11 16:16 | FIO'S LIFE
身体と心のバランス
1歳を過ぎ、少し体力も付いてきたFIOです。
幼い頃のように熱を出しても大騒ぎする事なく、はいはい薬飲んで
おきましょう!!程度で穏やかに過ごす事で後は自力回復を待ちながら
日々を過ごしています。
発熱、腹痛、嘔吐、下痢、跛行...........色々と起こる変調にも負けずに
本当によく頑張ってると思います。
絶好調!!なんて日は月に数える程度。何かしら身体の変調があっても
軽度なら病人扱いなしの普段通り!! 犬は犬らしく外に出て散歩も楽しみ
たいだろうし、公園にも行きたい。
それが今のFIOの幸せではないかと思っています。

ただ、今一番の悩みは 身体と心のバランス。
犬種が犬種だけに家出ダラダラしてる事がかえって苦痛な時もある
ようです。動いてなんぼ!!何か夢中になれるお仕事はないですか?
と言った年齢になってきました。
そういった欲求にどう答えてあげればいいのだろう?と悩み中です。
健康であれば大きな公園もあるし、そこで思う存分身体を動かす
事もできただろうし、アジリティに夢中になる事も可能でした。
でも、そこまでの身体と体力がありません。今出来る範囲でどう
バランスを取って彼女の欲求をどう満たしてあげられるかに悩んで
います。
問題行動と言う言葉は使いたくはないのですが、溜まったストレスが
思わぬ所に顔を出します。 少しの物音、声で背中の毛が逆立つ興奮
状態になる事が今一番の悩みです。 できるだけ興奮しないように
おだやかに!! ハーブの力も借りて一時期よりも少しは落ち着いた
ようですが、やはり問題は元から治していかないとダメな気がします。

多少、お腹が緩くてもご機嫌な時はこんな笑顔なんですけどね(^^;
e0114966_169871.jpg

何か良いアイデア、アドバイスがあればぜひ教えてください。
[PR]
by jojos-blog | 2012-05-31 16:09 | FIO'S LIFE



JOJOとFIOのお気楽日記
by jojos-blog
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
JOJO'S LIFE
Agilty
Obedience
イヌメシ
父独り言
動画
JOJO &FIO
FIO'S LIFE
以前の記事
2016年 01月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
リンク
フォロー中のブログ
my life & fl...
With Clair&S...
野生児日記
Field Diary
un journal こ...
cafe latte d...
Paw Photogra...
『ボクらとオカンの・・・...
le chien de ・・・
CAFE de MELO...
エッセンmitシュリun...
MOREmeLON
アッシュといっしょに365日。
* ちりめんじゃこ *
今日もLinden明日も...
Devenir un e...
最新のトラックバック
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧